メディカルジャパン大阪/再生医療産業化展2016

我が国の再生医療は15年後に現在の100倍の12兆円規模の市場になると言われており、他業界からの新規参入も含め、関連企業が続々と増えています。再生医療産業化展は年々、メディカルジャパンに占める面積も拡大し続け、主要な再生医療企業の最新製品を知る良いチャンスです。

regene16
去年までは基礎研究向けの試薬や創薬用細胞製品、軟骨や皮膚などの再生医療の臨床製品がメインでしたが、今年は、東洋製罐社のブースでは自動培養装置も展示されるなど、試作機やパネル展示だけでなく販売実機の展示も増え、いよいよ再生医療の本格的な産業化が始まりそうな雰囲気を感じました。他にも、再生医療の細胞培養受託サービスやライセンス関連サービスを提供する企業も出展され、大学や製薬・化粧品メーカーの研究者や再生医療・細胞医療実施企業の研究者、医療機関の医師なども数多く来場していました。

banbanker
これまでの展示会にはほとんど参加していなかった再生医療専門物流サービスを提供している輸送関連企業が、早くも来年の再生医療産業化展2017の予約リストに名前を連ねるなど、再生医療業界の勢いを感じるとともに、ますます発展することを確信しました。再生医療にかかわっている基礎研究/応用研究の研究者の皆さん、再生医療業界が期待倒れにならないように、頑張ってください!